News

お知らせ 2008.04.11

産業技術総合研究所から安全なC言語コンパイラ「Fail-Safe C - release 1」が公開

この度、独立行政法人 産業技術総合研究所(以下、産業技術総合研究所) 情報セキュリティ研究センター ソフトウェアセキュリティ研究チームから、株式会社レピダム(以下レピダム)が一部の実装を行った安全なC言語コンパイラ「Fail-Safe C」のRelease 1がオープンソースソフトウェアとして公開されました。

「Fail-Safe C」は、産業技術総合研究所の大岩 寛先生が研究されている、メモリ操作に関する安全性を保証し、ANSI/ISO/JIS C言語規格に完全準拠した処理系です。

レピダムでは、産業技術総合研究所と共同で「Fail-Safe C - Release 1」の一部の実装を行い、OpenSSLやbind9、OpenSSHのなどの多くのOS上で動作している主要なソフトウェアをコンパイルし、動作させるという成果に寄与することが出来ました。

なお、レピダムでは今後もFail-Safe Cの開発に参加し、普及に努めていく予定です。

関連資料
産総研:プレス・リリース 安全性を確保した実用的なC言語コンパイラを開発
産総研 RCIS: Fail-Safe C: 安全なC言語コンパイラ
Fail-Safe C: Top Page
FailSafeC - Trac
産総研 RCIS: 2007年10月22日: 安全なC言語処理系 Fail-Safe C の実装を研究者向け公開