News

お知らせ 2008.04.22

産業技術総合研究所から「HTTPパスワード相互認証プロトコル」の技術評価用ソフトウェアが公開

この度、独立行政法人 産業技術総合研究所(以下、産業技術総合研究所)情報セキュリティ研究センター ソフトウェアセキュリティ研究チームから、株式会社レピダム(以下レピダム)が開発を行った「HTTPパスワード相互認証プロトコル」の技術評価用ソフトウェアが公開されました。

「HTTPパスワード相互認証プロトコル」は、2006年1月から産業技術総合研究所とヤフー株式会社で「インターネットにおけるセキュリティ強化技術の共同研究」として策定中の認証プロトコルです。

レピダムでは、産業技術総合研究所からの開発委託を受け「HTTPパスワード相互認証プロトコル」のドラフト02版を、実利用を想定したソフトウェアに実装しました。

今回、技術評価の目的で公開されるのは、下記の二つのソフトウェアです。

また、レピダムではこの実装作業を通じて「HTTPパスワード相互認証プロトコル」の開発、策定、標準化にも協力させていただいており、今後も可能な限り「HTTPパスワード相互認証プロトコル」に関する開発や普及に努めていく予定です。

関連資料
産総研:プレス・リリース パスワード相互認証プロトコルの技術評価用ソフトウェアを公開
産総研 RCIS: 2008年4月22日: パスワード相互認証プロトコルの技術評価用ソフトウェアを公開
パスワード相互認証プロトコルの技術評価用ソフトウェアを公開」(ヤフー株式会社)
産総研 RCIS: フィッシング対策のためのHTTP相互認証プロトコル
draft-oiwa-http-mutualauth-02」 ( https://tools.ietf.org/html/draft-oiwa-http-mutualauth )
Yahoo! JAPAN、産業技術総合研究所と抜本的なフィッシング詐欺防止技術を開発
産総研:主な研究成果 抜本的なフィッシング詐欺防止技術を開発
産総研 RCIS: 2007年3月23日: 抜本的なフィッシング詐欺防止技術を開発 ~ウェブに適したパスワード相互認証プロトコル~