レピダム、ココン株式会社と資本提携契約を締結/サイバーセキュリティ領域を中心とした研究分野の展開を加速

2016年8月30日
株式会社レピダム

株式会社レピダム(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:林 達也、以下 当社)は、ココン株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:倉富 佑也、以下 ココン)と資本提携契約を締結し、完全子会社となりましたことをお知らせいたします。

cocon_lepidum

本資本提携の目的

ココンは、サイバーセキュリティ事業を戦略的に重要な事業の一つと位置付け、強化に努めています。
当社は、高いアーキテクト力を持つ人材が複数在籍し、産官学連携によるR&D支援実績を多数有する情報技術の専門企業です。
当社はこれまで通り経営を継続し、サービスを提供して参ります。現代表である林は、レピダムの代表をこれまで通り中立的な立場で独立性を持って継続すると共に、ココンの執行役員に就任しグループの経営に携わっていきます。

ココングループのサイバーセキュリティ事業について

ココンは、2015年に、Web・スマホアプリなどのセキュリティ診断、ゲームチート対策などを行うイエラエセキュリティを完全子会社化。経産省主催のCTFチャレンジジャパン入賞者や世界最大のハッキングイベント「DEFCON CTF」に日本を代表して参加するホワイトハッカーが在籍し、大手事業会社やセキュリティベンダーを中心にサービスを提供しています。
国内トップクラスのハッカーによるセキュリティ診断技術を活かし、IoTや次世代デバイスなど先端技術の脆弱性診断やハッキング対策も行っており、今後もサイバーセキュリティの専門企業として、更なる企業価値の向上を目指しています。

<ココン株式会社の企業概要>

現在、ココンでは、「サイバーセキュリティ事業」と「特化型クラウドソーシング事業」の二つを主力事業としています。
「サイバーセキュリティ」の分野においては、トップレベルのセキュリティエンジニアを中心としたチームが、独自の社内ツールを活用し、専門性の高いサービスを提供しています。
「特化型クラウドソーシング」の分野においては、グラフィックス制作や声優ボイスといった分野において、会員データベースや進捗管理システムの運営を通してサービスを提供しています。

<株式会社レピダムの企業概要>

お問合わせ先